MESSAGE

資材部メッセージ MATERIALS DEPARTMENT

プロフィール

浜松出身。自動車用部品の某大手サプライヤーを定年退職し、2019年に当社へ入社。前職での購買経験を活かし、資材部門の立て直しに従事。仕入れ先の開拓や組織づくりに精力的に取り組む。

私の仕事

資材部のトップとして、資材部門を統括し、お客様のプロジェクトをサポートする資材調達、また海外拠点と連携し業務を円滑に遂行しています。

日本ロックの強み

浜松市を象徴する言葉として「やらまいか」という方言があります。これは「やってやろうじゃないか」を意味し、新しいことに果敢にチャレンジする遠州人の進取の精神や行動力を表しています。
「皆で集まって、皆で一緒にやろうぜ!」という文化が遠州には根づいていて、日本ロックの設計集団もその気概にあふれています。

今後の展望

優秀な人材を集めて、社是「創造」のDNAを引き継ぐ体制を継続させていきたいと思います。現在は車載と産業機器を主軸に事業展開していますが、新しい分野にもチャレンジしてかなければならないと思います。
たとえば、スイッチを単体で売るのではなく、他メーカーと協働して、一つのユニットとして売るということを始めていますし、家電用部品に取り組む準備も進めています。
家電部品から車載部品へ移行したメーカーはたくさんありますが、私たちはその逆。他社がやめてしまったものを当社独自の技術と視点を駆使して新しいカタチにすることができれば、日本ロックはまだ伸びる可能性があると思います。

求める人材

日本ロックは個性にあふれているという印象をずっと抱き続けてきました。たとえば、本社や技術センターの外観を見てもわかるように、モノづくりの会社とは思えないような雰囲気を醸し出しています。
あの建物はホワイトハウスをイメージしているそうです(笑)。新しく入る人にもそういう個性が欲しいですね。個性がないといい発想もできないですし、夢や野望を持って「やってみようぜ!」というタイプの人は大歓迎です。
個性豊かな人が集まって、切磋琢磨、試行錯誤しながら、新しいものを常に開拓するという精神を社員みんなが持つことで、会社も社員自身の成長も加速化することを願っています。

メッセージ

自分が思い描いた夢を創造して、カタチにして世に出してみたい。そんな夢を叶える舞台が日本ロックには揃っています。未来に語り継がれるような伝説の設計士をお待ちしています。