OVERWHELMING TECHNOLOGY

圧倒的な技術力


DEVELOPMENT DESIGN

開発設計

設計技術者集団として創業した日本ロックは、
他社にない「独創性ある開発設計力」を何よりの強みとしています。
現在、車載部品と産業機器を主軸にして事業を展開する当社では、
機構設計と電子設計の両面からお客さまの製品開発をサポート。
また「車載部品」の安全性、「産業機器」の耐久性など、
創業以来、培った高度な技術を、高い次元で組み合わせて、
新たな価値を付加した製品を生み出しています。


技術複合と電子設計で、
電装部品の新しいステージへ。

車載設計

操作系スイッチ、検出系センサーなど、様々な車載電子部品の開発・設計を手掛け、さらにセンサー素子を活用した無接点化製品もリリースしています。
創業時から蓄積してきた車載部品のノウハウを、次世代モビリティの開発に活かしています。

特機設計

建設機械や農業機械など、過酷な環境下で使用される産業機器にも日本ロックの電装部品は数多く採用されています。近年では、耐環境性、耐久性、高剛性、耐振動性などに加えてデザイン性や操作感を追求した製品の開発も行っています。

機構設計

量産を見据えた構造や工法の提案、課題を解決するための設計提案など、お客様の開発パートナーとして様々な機構設計を手掛けています。
企画構想から設計開発、試作製作、試験評価までの一貫体制、さらに電子設計との技術複合が日本ロックの強みです。

電子設計

高度化するカーエレクトロニクスに対応するため、日本ロックでは電子設計分野の強化に取り組んでいます。
設計はもちろん、車両向けEMC試験評価・解析、電子基板解析まで行い、モビリティの進化に貢献しています。

設計環境

CAD・解析環境

CAD解析を導入し、構造はもちろん熱伝導や動解析、疲労など様々な角度からの検証を行います。
試作品や量産品の評価にCAD解析を加えることで、信頼性まで含めた設計品質を検証することが可能です。

3Dプリンター

日本ロックでは、3Dプリンターによる試作品製作を行い設計検証の精度とスピードを高めています。
干渉チェックなどの動作確認や操作性の確認などを実機で行えるため、品質と生産性に優れた製品を開発することが可能です。