COMPANY INFORMATION

企業情報


GREETINGS

「圧倒的な技術力」と「圧倒的な製品力」の融合
その実現のために、改革・挑戦し続ける。

株式会社 日本ロック 代表取締役 米田祐子

1980年、メカトロニクスの開発設計を業務とする技術者集団として、日本ロックは誕生しました。お客様のご要望にお答えする為、2年後には生産工場を開設し、「ものづくり」の上流工程である設計業務から生産工程に至るまで、ワンストップソリューションを提供してまいりました。

創業者の企業理念である『創造に生きよ』は「ものづくりとは何か」を常に追求し、国際競争力のある品格を持った製品を提供し続けることにあります。それは過去・現在・未来を通じて、私たちの企業活動の根源であることに変わりありません。

近年、特に車載関連の変化はめまぐるしく、運動性能や安全機能に加え、快適機能、さらには省エネルギーや地球環境への貢献度も重要な要素として要求されるようになってきました。このような時代の変化を的確にとらえた研究開発を推進し、あらゆるニーズにお応えできる技術・生産体制を整えて、常に挑戦しつづける創造企業でありたいと考えています。そのためにも独創的な開発技術や生産設備を絶えず革新し続けるとともに、様々な生産技術を経験できる環境をつくることで、モノづくりのスキルを伝承し、想像力を創造力に変換できる人材の育成も強化していく所存です。

私の役目は、日本ロックが先代の築いた「創造するDNA」を継承し、歴史に裏付けられた経験と信頼をもとに、さらに皆様に貢献できる企業に成長するよう努めていくことと認識しております。地域・社会への貢献はもちろんのこと、社員が描いた将来の夢を実現できる会社づくりをめざし、継続した成長を成し遂げることで会社と社員を守り続けていきます。

皆様には、今後ともより一層のご指導、ご鞭撻のほどを宜しくお願い申し上げます。


QUALITY POLICY

品質方針

株式会社日本ロックは、「顧客の大満足」を得るお客様ニーズに対応した最高品質の製品を安定供給することを最重要方針とします。この方針を達成する為に次に示す事項の取組みを第一義とします。

  1. 最高品質の安定供給の為、品質マネジメントシステムを構築します。
  2. 常にお客様ニーズを把握し、新たな価値を創出、供給し続けることで最高の顧客満足度を獲得します。
  3. 購買先との協力体制を強化し、品質に対する意識の共有化を図り、常に不良ゼロの供給を目指します。
  4. 人材育成により個々のレベルを引上げ、お客様の品質、ニーズに対応出来る組織を築きます。
  5. いかなる緊急事態においても迅速な対応、安定供給出来る様全力で取組みます。

以上の品質方針を満たす為の経営方針、品質目標を毎年度策定し、全組織はその目標を理解し全力で対応し、継続的に改善します。


ENVIRONMENTAL POLICY

環境方針

株式会社日本ロックは、当社の事業活動が環境に影響を与えていることを重視し、認識するとともに、環境保全に努め、継続的に改善を進めていきます。

  1. 当社の事業活動について、その活動、製品及びサービスのあらゆる面で、環境に与える影響を的確にとらえ、環境負荷の低減及び汚染の予防に努めます。
  2. とらえた環境側面に関係して、当社に適用される法令、規制、協定等を明確にし、これを順守するとともに、技術的、経済的に可能な範囲で自主基準を制定し、環境保全レベルの向上に努めます。
  3. 当社が行う事業活動が環境に与える影響の中で、特に、次の項目について、優先的に活動し、環境負荷の低減及び、汚染予防に取り組みます。
     (1)環境配慮設計の実施と、VA・VE活動による改善
     (2)省エネルギー、省資源及び、資源のリサイクル化の推進
     (3)有害化学物質の管理体制の徹底と、使用規制への対応
     (4)廃棄物の削減及び、再利用の推進
  4. 環境目的・目標を設定して実践し、見直しを行い、改善につなげます。
  5. この環境方針は、当社従業員のほか、当社のために活動するすべての請負、委託業者に周知します。また、一般の人にも公開します。

YARAMAIKA SPIRITS

「やらまいか」スピリッツ

「やらまいか」が表現するベンチャースピリッツ、遠州の誇り。

日本ロックがある静岡県西部、浜松市を中心とする遠州地域は、古くから「モノづくり」が盛んな街として発展してきました。

トヨタ自動車の始祖である豊田佐吉氏や、ホンダの本田宗一郎氏、スズキの鈴木道雄氏など、名だたる企業の創業者たちは全て遠州出身。
さらにヤマハ、河合楽器、浜松ホトニクスの発祥地も遠州です。
遠州地域には、高度な技術を持つ職人が大きく育つ土壌がありました。

モノづくりの一大集積地・遠州には「やらまいか」という方言があります。
地域の職人たちが「みんなで、やろうじゃないか!」と切磋琢磨し、その相乗効果で、世界にも通用する質の高いモノを創造していく。
「やらまいか」という言葉は、遠州人の進取の精神を表わしています。