車載電装部品の開発設計・試作・量産対応のご用命は日本ロックへ


株式会社日本ロック|Nippon lock japan English中文
こちらでは弊社日本ロックの製品以外の情報をお伝えしています。
●バイクのふるさと浜松出展(2008.8.30-31)
2008年8月30(土)から31(日)にかけ、浜松市総合産業展示館にて「バイクのふるさと浜松2008」が開催されました。
初日は雨天の影響を受けて来場者数は4,500人でしたが,最終日の31日は晴天に恵まれ27,000人のバイク好きが集まり盛況でした(2日間で31,500人来場)。交通アクセスが悪い中でこの来場者数というのは、浜松市民のバイクへの関心の高さと根強い文化性がうかがえます。

メイン会場内では、国内4メーカー(ホンダ・スズキ・ヤマハ・カワサキ)が最新モデルと昨年のモーターショーで発表したコンセプトモデルなどが展示され、「描こうバイクの未来予想図」というテーマで組立てライン体験や試乗会、プロによるトライアルデモ等、様々な催しが行われていました。

日本ロックはメイン会場横のアトリエ館にて部品メーカー3社のひとつとして出展。
一般のお客様に日本ロックを知っていただこうということで、誘目効果を狙って今回はハーレーダビッドソンのトライクを(取締役弟所有)ダイナミックに展示しました。それと併せて、創業当時の製品である、ハーレーダビッドソンアフターパーツの展示を行いました。
ちなみにアルミにクロームメッキを施したバイク部品を日本で初めて製品化したのは私たち、日本ロックです。

会場では、トライクを囲んで40〜50代のバイク乗りの方々が、トライクの改造部分を覗き込んだり、記念写真を撮ったり、展示台の日本ロックのクロムパーツを手に取って眺めたり等大変盛況でした。
「描こうバイクの未来予想図」というテーマと合致した展示として、バイクのハンドルスイッチユニットの進化形を私たちなりに考案したコンセプトモデルをご用意。照明内蔵型のスイッチでグリップと一体化したデザイン、スイッチのご提案をさせていただきました。

 

バイクのふるさと浜松入り口

 
入り口の様子
 
駐車場の様子
駐車場の様子
 
ブースの様子
ブースの様子
 

 

 

ハーレートライク   ハーレー用アルミクロムメッキパーツ   ハンドルスイッチコンセプトモデル  
ハーレーダビッドソントライクと展示 アルミクロムメッキパーツ ハンドルスイッチ(コンセプトモデル)
●サイトリニューアル(2008.6.24)
〒430-0036 静岡県浜松市浜北区横須賀300 TEL 053-586-1476 FAX 053-586-5786

NIPPON LOCK Co.,LTD All Rights Reserved.