車載電装部品の開発設計・試作・量産対応のご用命は日本ロックへ


株式会社日本ロック|Nippon lock japan English中文
二輪(バイク関係)電装部品04 四輪応用可能 産機応用可能 二輪応用可能 その他応用不可能
名称:CAN
用途:自動車、自動二輪車、産業機械などにおいて利用される通信網
技術解説:

Control Area Networkの略で車載LANの1種。
多くの機器を統合制御することにより連動制御を可能とする技術で、車両に搭載されるエンジン制御をはじめとする様々な電子機器の情報、機能を制御する通信網。
機器間のトラブルを防ぐことを目的とし、ドイツのボッシュ社が開発した。
自動二輪においてもドイツのBMWがCANを使って車両制御をしている。
このBMW車はランプを一個交換しただけでも電流が変化し、CANが故障と判断しエンジンを始動させない程厳密な車載コンピューターを有していたため、高機能ではあるが、一般ユーザーにはカスタマイズしにくいというものであった。
当社ではBMWのCANを解析することにより、電装部品を追加、制御することも可能にしている。
CANはISOで標準化され欧州車を中心に普及したが、車載ECUの数が増え続けることにより、CANの制御では限界が来ることが予想されている。
このため、トヨタ、ホンダ、日産の3社は2010年を目処に次世代高速NET WORKといわれ、CANに対し10倍の通信速度相当の能力を持つ「Flex Ray(フレックスレイ)」への移行を進めている。
CAN
〒430-0036 静岡県浜松市浜北区横須賀300 TEL 053-586-1476 FAX 053-586-5786

NIPPON LOCK Co.,LTD All Rights Reserved.