車載電装部品の開発設計・試作・量産対応のご用命は日本ロックへ


株式会社日本ロック|Nippon lock japan English中文
車載(クルマ関係)電装部品13 四輪応用可能 産機応用不可能 二輪応用不可能 その他応用不可能
名称:オーバードライブスイッチ
用途:自動車のオーバードライブ機能をON-OFFするスイッチ
技術解説:

トランスミッション変速比が1:1を下回り、エンジンの回転数よりトランスミッションの出力回転数の方が大きくなるギヤ比(またはトランスミッションが有する中で最も高回転となるギヤ比)のことをオーバードライブと言う。
トランスミッションがこのレンジに入らないようにするスイッチがオーバードライブスイッチである。
従って、正確にはオーバードライブ・オフ・スイッチである。
オーバードライブのポジションで運転すると、高速でのエンジン回転数が小さくなるため静かで燃費が良いなどの利点がある反面、エンジンブレーキが利きにくいという欠点がある。
このため運転者の意思によってオーバードライブをON-OFF出来るようにすることが目的である。
従来はオルタネート式のスイッチが使われていたが、米国の法規制に関連して現在ではほとんどがモーメンタリ式に移行した。
モーメンタリであればエンジンを始動するたびに初期状態に戻すことができるため、OFFにしたまま戻し忘れると、次に乗車した際にオーバードライブスイッチの操作によってエンジンブレーキを使うことが不可能となる、という危険がなくなる。
オーバードライブスイッチの操作は自動車の挙動に直接関係するので、誤操作などがないようにF-S特性を厳重に設定し、開発されている。
オーバードライブスイッチ
〒430-0036 静岡県浜松市浜北区横須賀300 TEL 053-586-1476 FAX 053-586-5786

NIPPON LOCK Co.,LTD All Rights Reserved.